お知らせ

  • 日本サービス大賞
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 大人の武者修行バナー
  • cafeバナー

    SPRINGフォーラムバナー

  • 会報バナー
  • 書籍紹介

    提言・宣言

    入会案内

  • 提言・宣言
  • ハイ・サービス日本300選

     

  • リンク
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム

     開発・運営:(株)インテージ

お知らせ

事業拡大に向けて店舗・拠点を増やしていくと、逆に業務効率が下がるという現象が起きてきます。「業務の標準化と運営改革セミナー」では、実際に無印良品の拡大期に使われ、現在も活用されている手法をお伝えします。

>>続きはこちら

日本最大級の顧客満足度調査「JCSI」。概要、企業分析、活用事例を紹介!11月発表の家電量販店、生活用品店/ホームセンター、衣料品店、各種専門店、自動車販売店、旅行、エンタテインメント、国内長距離交通、教育サービス、インターネット回線の最新結果を解説します

>>続きはこちら

2022年度第3回調査として、10業種(家電量販店、生活用品店/ホームセンター、衣料品店、各種専門店、自動車販売店、旅行、エンタテインメント、国内長距離交通、教育サービス、インターネット回線)の満足度等を発表しました。

>>続きはこちら

第4回日本サービス大賞の発表に向けて、生産性新聞にて日本サービス大賞の受賞企業の「その後の進化」についてインタビューしていただきました。今回は、インタビューで取り上げた事例や受賞後の進化の方向性について、その一端をご紹介していきます。

>>続きはこちら

わが国の経済は、未だコロナ禍以前の経済活動を取り戻す状態にはありません。本研究会では、2023年のわが国経済の展望と、日本経済が再び成長軌道にのるための政策課題や、雇用、賃金、家計など労使にとって喫緊の課題についてお話を伺います。

>>続きはこちら

日本生産性本部余暇創研は、2021年の余暇実態、市場規模などを取りまとめた「レジャー白書2022」を発刊しました。

>>続きはこちら

『人間理解』の視点から、企業の成長の条件、持続可能性のカギとは何かをテーマに据えます。メンタル・ヘルス研究の視点から『人』を活かした強い組織づくりとより良き職場づくりのための人材マネジメントのあり方について検討を行います。

>>続きはこちら

今号の特集では、オープンイノベーションを加速する動きについて取り上げています。また、SPRING副代表幹事に就任したロイヤルホールディングス会長 菊地唯夫氏より、サービス産業がポストコロナを見据えて考えておくべき方向性をお伺いしました。

>>続きはこちら

サービス学会では、多くの研究者・企業が参画し、文理の垣根を超えて、活発な議論や研究が行われています。今回は、企業に役立つ実践的な共同研究を紹介することによって、サービスをどう革新するかについて、企業の皆さまと一緒に考える場となることを願っています。

>>続きはこちら

CS調査をやってみたいけれども活用イメージが湧かない、CS調査を実施したけれども改善活動につながっていない、といった悩みはありませんか。本セミナーでは、CS調査をどのように活かしていけばいいのか、CS調査の活用方法・注意点等について解説いただきます。

>>続きはこちら

サービス産業は、今やGDPの約3/4を占め、日本経済全体に与える影響が大変大きな存在です。これらサービス産業の取り組みの現状について、政策をご担当いただいているお立場からお話を頂戴いたします。講演とともにご参加の皆様との質疑応答、意見交換も予定しています。

>>続きはこちら

前回はCSとNPSの因果関係を整理しました。CSやNPSで成果直結型で評価を可視化はできても、「次の一手」で何をしたら良いか分からないという悩みはつきものです。そこで今回、CX について説明し、CS、CX、NPS といったキーワードの全体像を捉えていきます。

>>続きはこちら

日本最大級の顧客満足度調査「JCSI」。概要から企業分析、活用事例を紹介!第2回発表予定の通信販売、携帯電話、フィットネスクラブ、銀行、MVNO、ガス小売、QRコード決済、電子マネーの最新結果を解説します

>>続きはこちら

この度2022年度第2回調査として、8業種(通信販売、携帯電話、フィットネスクラブ、銀行、ガス小売、MVNO、QRコード決済、電子マネー)の満足度等を発表しました。

>>続きはこちら

副業・兼業はビジネスパーソンにとって十分な収入の確保への期待や、関心の高まりを見せています。企業側も、課題や懸念はあるものの、認める割合は増加傾向にあります。本研究会では、副業・兼業の多様性や動機などの現状分析と今後の可能性や変化についてお話を伺います。

>>続きはこちら

「CSはもう古い」と、CXやNPSをCSと対立させて“点”で捉えても、表面的な取り組みにしかなりません。今回、これらのキーワードの因果関係を“線”で結んで全体像を捉え直すことで、自社がテコ入れすべき力点を見出し、戦略的にステージアップを目指します。

>>続きはこちら

10月に開催予定の「サービスイノベーション実践コース」に先立ち、「そもそも『価値共創のサービスモデル』とはどのようなモデルなのか」「研修受講を通して、どのようなアウトプット(成果)が期待できるのか」等について、同研修の指導を担当頂く講師陣より紹介頂けます。

>>続きはこちら

SPRINGのコラム「CS向上を科学する」を連載している松井拓己氏により、目に見えないCSの本質をロジカルに理解し、戦略的な「サービス・デザイン」の見直しの必要性とその具体的な方法を解説していただきます。

>>続きはこちら

CS担当者になったもののCSについて詳しく知らない、CSについて改めて勉強したい、といった方に向けたセミナーをお届けします。CSをキホンからわかりやすく解説します。

>>続きはこちら

近年、注目を集めているパーパス経営について、パーパスが求められるようになってきた経済活動の変化、自社のパーパス(存在意義、自分らしさ)から、製品・サービス、顧客接点などの在り方を再考し、CSマネジメント・CX変革にも取り入れる考え方等について解説します。

>>続きはこちら

1    2    3    >>