検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました

株式会社北海道日本ハムファイターズ(第2回受賞企業・団体)

受賞の観点

地域貢献

地域に愛される顧客志向のサービスを開発

URL http://www.fighters.co.jp/ 
業種 娯楽・スポーツ・文化
所在地 札幌
事業概要 プロ野球球団運営
市場特性 マルチプレイヤー型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

 同社は、野球、あるいは球団という事業を「地域に必要とされる」サービス事業として根底から立て直し、絶えず来場観客数を意識しながら顧客志向でさまざまなサービスを開発して実績を上げた。

ハイ・サービスのポイント

 同社は、北海道移転にあたり「ファンサービス1st(ファースト)」を掲げ、地元に愛される地域密着型の球団を目指していたが、「球団経営」という点では、普通の企業とは様相が異なっていた。本社からは毎年達成し得ない黒字予算を与えられ、従業員には本社の「広告塔」になればいいという考え方が支配的で、一度も目標を達成した経験がないという状況から改革はスタートした。まず、その年の目標観客数を設定し、それを達成するにはどういう施策を打つべきかを社員に考えさせ、成果を出していった。



  • 外からやってきた球団でなく、「地域に必要とされる球団でありたい」との願いから地域特性を生かした地域貢献へも積極的に取り組んでいる。

  • 球団はサービス業であり、集客ビジネスだという考えのもと、観客動員増につながる施策、ファンを増やす施策を次々に実施した。

  • 愛される球団を目指して、従来型の球団イベント「ファン感謝デー」などとは違った形で、顧客サービスに取り組んだ。

  • 来場のリピート率を高めるために、ロイヤリティーの高い顧客との関係づくりにも腐心している。

一覧に戻る
ファンクラブのトップページ
球場
野球教室の実施