検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


日本交通株式会社(第2回受賞企業・団体)

受賞の観点

人材育成

外部機関の協力による人材育成

URL http://www.nihon-kotsu.co.jp/ 
業種 物流・運輸
所在地 東京都
事業概要 ハイヤー・タクシーによる一般乗用旅客自動車運送事業およびマネジメント、自動車整備事業など
市場特性 マルチプレイヤー型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 地域サービス型

提供サービス

都内16カ所(2010年4月現在)に自社専用の乗り場を設置し、タクシーを乗り場に常駐させるための配車管理を徹底。車両を色分けし(黒/黄)、黒塗りタクシーには、優良な乗務員による接客サービスを提供している。

ハイ・サービスのポイント

同社は、長年にわたるハイヤーとタクシー事業の実績から自らの強みを見直し、台数増とともにサービスがコモディティー化してきたタクシー業界の中で、トップセグメントを相手にした事業へのシフトを図り、外部機関の協力を受けてマニュアル作成など人材育成に努めている点に他社にはない強みがある。

  • 2001年、都心7区のビジネスユーザーに「選ばれるための高級感ある商品をつくる」という方針のもと、ビジネスクラスのタクシー「黒タク」の運用を開始。

  • 厳しい選定基準で選抜された「黒タク」乗務員に特化した研修などを実施することで、「黒タク」のサービスレベルや給与水準の向上を実現。

  • 2001年、お客が日本交通を選べる環境をつくるために、都心部に専用乗り場を設置。

  • 無線センターに24時間英語対応機能を付加。

  • デジタル無線への投資。

  • 選んでもらえる「Availability」(可能性)向上のために台数を増強。

一覧に戻る
コンサルティング会社とともに作成した日本交通タクシーのスタンダードマニュアル
グループ会社を含めると約3000台のタクシーが都内を走る
六本木ヒルズ森タワー1階の専用乗り場
英語専用ダイヤルも24時間設置する日本交通無線センター