検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました

イーグルバス株式会社(第2回受賞企業・団体)

受賞の観点

科学的・工学的アプローチ

ダイヤ最適化のエキスパートシステムで、コスト削減と顧客ニーズに対応

URL http://www.new-wing.co.jp/ 
業種 物流・運輸
所在地 埼玉
事業概要 一般乗合旅客自動車運送事業(路線バス、高速バス)、一般貸切旅客自動車運送事業(観光バス)、特定旅客自動車運送事業(送迎バス)
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 地域サービス型

提供サービス

 同社は福祉バスからスタートし、1995年には川越の町おこしのために「小江戸巡回バス」を始め、2002年の路線バス規制緩和を機に巡回バスを路線バス化した。ITを活用し、採算のとれる路線バスに取り組んでいる。

ハイ・サービスのポイント

 同社は、バス業界が抱える路線バスの黒字化という重い課題に、観光業で培った顧客ニーズをとらえるマーケティング手法と、ITを活用して運行データを分析する科学的手法を融合させて、運行ダイヤの最適化を図り、黒字化への道を切り開くという、バス業界では例を見ない優れたイノベーションを実現した。

  • 路線バス黒字化への科学的アプローチとして基礎的なデータを収集するために、バスにGPSと赤外線乗降センサーを設置。

  • 観光事業で培ってきたマーケティング手法も重視し、「顧客の評価とニーズの把握」にも注力。

  • 実験の結果から、同社では63カ所に及ぶ改善を実施。

  • ITによるデータ化とマーケティング手法を組み合わせた「ダイヤ最適化のエキスパートシステム」により、コスト削減と顧客ニーズに対応するとともに、運行の評価と継続的改善をPDCAサイクルで実施。

一覧に戻る
本社
ITとマーケティングでダイヤ改善を目指す日高路線バス