検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


有限会社バグジー(第5回受賞企業・団体)

受賞の観点

人材育成

従業員満足度の向上を「顧客を喜ばせたい」という意欲につなげた美容室

URL http://www.bagzy.net/ 
業種 飲食・生活関連サービス
所在地 福岡
事業概要 美容室
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 地域サービス型

提供サービス

 スタッフの温かいサービスが人気を呼び、九州地方に7店舗の美容室を展開している。

ハイ・サービスのポイント

 同社のES(従業員満足度)や人材育成への取り組みには特別な理論や体系があるわけではなく、従業員が楽しく、自信を持って長く働き、やがて家を建てて豊かな暮らしができるようにしたいという温かなES理念がベースとなっており、この理念が同社の人材育成を他の凡百の取り組みから際立たせる強みになっている。



  • 1993年に九州に美容室を開き、成果優先の経営で売り上げを伸ばすが、2000年頃から人間関係のトラブルが続出し、会社存続の危機に陥ったことから、経営方針を転換し、社員が辞めない会社作りを目指す。

  • 従業員が楽しく、自信を持って働けるようES重視に経営方針を切り替え、社長が従業員の誕生日に手紙を書く、従業員に指摘されたことを一つずつ改善するなどに加え、事務員やパートを含めた従業員全員を大切にし、その力を伸ばすことを心がけた。

  • ES向上とともに従業員の中に顧客に対するより高いサービスを提供することへの意欲が湧き上がったため、専門の研修センターを用意し、従業員が営業時間中に教育を受けられる体制を整備。

  • 顧客満足に対する理念を共有するために掲げた、(顧客が自分の)「友達だったらどうする?」という分かりやすいスローガンや、ボランティア活動の奨励などによる「利他」の精神の学びにより、従業員の意識が変革し、顧客を真に喜ばせる新しいサービスが次々に生まれた。

一覧に戻る
リニューアルオープンしたBAGGY中間店
スタッフは専用の研修センターで営業時間中に勉強ができる
年間300回の講演を行う久保氏の著作