メッセージ

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会

事務局コラム

2016年1月13日

人工の雪

SPRINGメイトの皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年のお正月三が日は全国的にお天気に恵まれ、初詣やレジャーを楽しまれた
方が多かったのではないでしょうか?
しかし、この暖かさで全国のスキー場は十分な雪に恵まれず、コースを閉鎖し
ている事例を耳にします。
そんな時に頼りになるのが、人工雪を作る機械の存在です。
皆さんは人工雪を作る機械に2種類あることをご存知ですか?
一つは氷を細かく削って噴射するタイプの人工“造雪”機、もう一つは圧縮し
た空気と水を噴射して空気中で凍らせる人工“降雪”機です。
1978年に国産初の人工降雪機が開発され、日本の冬のレジャーを支え続けて
いるのです。