メッセージ

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会

事務局コラム

2015年12月1日

贈り物を選ぶとき

早いもので今年も残りあと1月となりました。
この時期にはどこの会社もカレンダーを作り、お得意様などにお渡しするのが
風物詩になっています。
以前、営業の部署に所属していた時、皆が方々からカレンダーを頂いてくるの
で、「ご自由にどうぞ」と書かれた段ボール箱が様々なカレンダーで満杯になっ
ていたことを思いしました。

毎年、カレンダーを極力頂かないようにしているのですが、ある会社から頂く
一風変わった卓上カレンダーだけは楽しみにしています。
それは間違ったり、混同しやすい日本語がクイズ形式で毎月出題されるもので、
例えば「話の触り」の「触り」は冒頭の部分ではなく、聞かせどころや要点と
いう意味だそうです。
ちなみに「ピクニック」と「ハイキング」も厳密には意味が違うそうです。

何かと贈り物のことを考えるこの季節。ちょっとした違いに敏感になりたいも
のです。