お知らせ

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会

  • Top >
  • お知らせ

お知らせ

2017年度第1回調査として、6業種(コンビニエンスストア、シティホテル、ビジネスホテル、飲食、カフェ、事務機器)における、のべ69企業もしくはブランド(以下企業・ブランド)の満足度等を発表しました。

>>続きはこちら

本セミナーでは、SPRINGのコラム「CS向上を科学する」を連載している松井氏により、付加価値向上の一手段として重要となるCS向上の為に、目に見えないCSの本質をロジカルに理解し、戦略的な「サービス・デザイン」の見直しの必要性とその具体的な方法を解説します。

>>続きはこちら

サービスの人材育成は「失点をしないための人材育成」に重きを置いて行われていることが多いようです。そこで今回は、サービスの価値を高めるためのサービス人材の育成のヒントを「第1回 日本サービス大賞」の受賞サービスの中から紹介したいと思います。

>>続きはこちら

学校図書館という教育の中枢部分で、日本で初めて民間として運営サポートやコンサルティングを行いました。学校図書館をどう活性化できるか。教育行政や各学校現場が抱えている課題をどう解決できるか、取組んでいます。

>>続きはこちら

第2回日本サービス大賞の応募受付を開始いたしました。応募締切は8月31日(木)15時です。皆様のご応募をお待ちしております。

>>続きはこちら

忙しさとの戦いでもあるサービス事業において、サービスの生産性向上や人手不足の解消に注目が集まっています。限られたリソースで、どのようにしてサービスの効率化と価値向上を両立させるのか。そのヒントが得られるのではと思います。・・・

>>続きはこちら

石川県七尾市を含め地方は人口減・高齢化社会です。サービスという観点だけではなく、これから縮小する社会の中で経営戦略の一つとして私たちは “恵寿式”地域包括ヘルスケアサービスというものを掲げています。

>>続きはこちら

第2回日本サービス大賞の応募フォーマット、および記入サンプルを同賞ホームページに公開いたしました。応募受付期間は6月1日(木)~8月31日(木)15時です。皆様のご応募をお待ちしております。

>>続きはこちら

2011年から当時社長の唐池、デザイナーの水戸岡先生と一緒にクルーズトレイン「ななつ星」の開業、現在に至るまで担当しています。日本サービス大賞・内閣総理大臣賞は、九州の皆が喜べる賞だと実感しています。

>>続きはこちら

昨年12月に日本生産性本部が発表した「日米産業別労働生産性水準比較」では、サービス産業の労働生産性水準は米国と比較して5割という結果となりました。特に卸売、小売、運輸でその差が拡大しています。今回は本調査の解説をいただくとともに、課題についても考えます。

>>続きはこちら

野中郁次郎・日本サービス大賞委員長による基調講演「サービスの本質とイノベーション」のほか、日本サービス大賞の応募要領についての説明を含むシンポジウムを開催します。

>>続きはこちら

本セミナーでは、SPRINGのコラム「CS向上を科学する」を連載している松井氏により、付加価値向上の一手段として重要となるCS向上の為に、目に見えないCSの本質をロジカルに理解し、戦略的な「サービス・デザイン」の見直しの必要性とその具体的な方法を解説します。

>>続きはこちら

日本サービス大賞のホームページをリニューアルし、第2回の応募要領を公開しました。第2回の応募フォーマット公開は5月10日(水)、応募の受付開始は6月1日(木)です。”きらり”と光るサービスのご応募をお待ちしてます!

>>続きはこちら

2013年に岩手県花巻市で「東北食べる通信」を立ち上げ、生産者と消費者を繋ぐ取り組みを始めました。2014年には、一般社団法人日本食べる通信リーグを立ち上げ、全国でこの活動が広がっています。

>>続きはこちら

いざ、サービスやCSの向上に取り組もうとすると、「建前の壁」にぶつかることがよくあります。誰も反対はしないけれど、誰も本気になって取り組もうともしない。サービスやCSの向上は、建前としては賛成だが、実は取り組みの意義が見出せないというのが本音なのです。・・・

>>続きはこちら

2016年度調査にて調査・分析を行った全32業種421企業もしくはブランドの結果を取りまとめ、発表しました。

>>続きはこちら

本シンポジウムでは、第1回日本サービス大賞の優れた受賞事例から、「ポピンズナニーサービス」、「オフィスグリコ」の取り組みをご紹介いただきます。基調講演はJTBの「交流文化事業の進化とDMC戦略」です。

>>続きはこちら

本シンポジウムでは、2016年度の年間調査結果の分析、解説を行うとともに、コンビニ業種1位「セイコーマート」、国際航空業種1位「シンガポール航空」の事業展開や高い顧客満足度を生み出す経営やサービスのしくみを学びます。

>>続きはこちら

ヤマト運輸の宅急便は、ボイスオブカスタマー・お客さまのお声からものを考えております。お届けする背景、お届けする側・お届けされる側に対して、どういう付加価値を作るのかということと、通常の物流とは全く違う形で考えています。

>>続きはこちら

本シンポジウムでは、第1回日本サービス大賞の優れた受賞事例から、セブン-イレブンの「セブンミール」、損害保険ジャパン日本興亜の「スマイリングロード」の取り組みをご紹介いただきます。基調講演は「良品計画の目指すサービスイノベーション」です。

>>続きはこちら

1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    11    >>    [16]