メッセージ

  • 日本サービス大賞
  • 日本サービス大賞 応募説明会

    大人の武者修行バナー

    JCSI 日本版顧客満足度指数

    提言・宣言

    入会案内

    ハイ・サービス日本300選

     

  • リンク
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム

     開発・運営:(株)インテージ

リーダーの声

2019年7月31日

株式会社AsMama 代表取締役社長 甲田 恵子 氏

日本サービス大賞フォーラム in 福岡 第2回受賞組織報告会 より


第2回日本サービス大賞 優秀賞 受賞

世界初、顔見知りによる頼り合い
 子育て支援プラットフォーム「子育てシェア」

 

「『子育てシェア』で地域や企業の課題も解決」

株式会社AsMama 代表取締役社長 甲田 恵子 氏

 

 「子育てシェア」というシェアリングサービスに取り組んでいる。子どもの送迎や託児を地域の知人にみてもらえる仕組みである。

 登録料や手数料は不要で、1時間500円のお礼ルールがあるのみ。万一の場合は最高5000万円の保険が適用される。地域に知り合いがいない人のために、リアルでご近所の人同士が出会う機会もつくっている。

 「子育てシェア」の登録者数は65,000人を超えて、解決案件数は25,000件を超えた。このネットワークを使って、大小のイベントやセミナーの開催、企業の集客やマーケティング、自治体の広報のお手伝いをするようになった。

  活動の担い手として、所定の研修を受講したAsMama認定サポーター(通称「ママサポ」だが、男性もいる)が全国に約1000人いる。ママサポは、送迎・託児の仕組みづくりや交流イベントの開催を行い、ときには自分でも子どもを預かってくれる。昔はよくいた「おせっかいおじちゃん、おばちゃん」である。ママサポには活動量に応じて報酬をお支払いしている。

 コミュニティビジネスを始めるのは簡単ではないが、自治体や地域の企業と一緒に地域人材の育成や施設の活用などに取り組むようになった。

 今日おかしいなと思ったことは今日修正するようにし、完成形がないと思いながら、求められているサービスを充実し続けている。

 

 

★ 受賞サービスの事業詳細はこちらをご覧ください。
 

※数字や名称・肩書などは2019年3月講演当時のものです。

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 「第3回日本サービス大賞」募集のご案内

                    
日本サービス大賞では、サービスの高度化と産業の発展を先導する
きらりと光る新しい価値を提供しているサービスや、
これまでになかった新しいやり方を実現しているサービスを募集し表彰します。
最も優秀と評価されたサービスには内閣総理大臣賞が贈られ、
企業価値を高めることにつながります。
 
★ 日本サービス大賞ホームページ
 
★ スケジュール
 9月 2日(月) 応募受付開始
10月31日(木) 応募締切(15時まで)
2020年秋    発表・表彰

 

製造業、農林水産業も含むすべての事業者の方が応募いただけます。

皆さまのご応募をお待ちしております。