検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


アニコム損害保険株式会社(第3回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスの高付加価値化

ペットのための医療保険の確立を目指す

URL http://www.anicom-sompo.co.jp/ 
業種 金融・保険
所在地 東京
事業概要 ペット保険
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

 2007年12月26日付で金融庁より損害保険業免許を取得。2008年1月特定保険業から移行した国内初の保険会社として業務を開始した。

ハイ・サービスのポイント

 同社の前身であるanicom(動物健康促進クラブ)は2000年に設立され、日本には根付かないといわれていたペット保険で、約30万2千頭の共済契約を獲得(2008年3月末現在)した。その要因は、顧客志向のきめ細かなサービス開発(マーケットアウト・マネジメント)、ホームページに書き込み自由な掲示板を設置するなど常にオープンな経営を行う(オープン・マネジメント)といった経営方針にある。



  • 同社では、「動物を種を超えた家族と考える」というポリシーから、コールセンターでの電話対応や営業でのホスピタリティーを重視。

  • レセプト(診療報酬請求明細書)の請求システムを独自開発。動物病院から同社に対して毎月1回、保険金を一括請求してもらうという仕組みを構築し動物病院の事務コストの削減と共に契約者の保険金請求の手間を簡素化している。

  • 顧客からの信頼性を高めるために、企業を「見える化」する1つの試みとして、ウェブサイトでオフィスの映像を公開。

  • 今後は保険金支払データを活用して、病気を予防するための情報提供などにも取り組んでいく予定。

一覧に戻る
オープンなオフィス。全オフィスにはライブカメラが付いている
「どうぶつ健保」診療記録簿カード