検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


株式会社ズコーシャ(第3回受賞企業・団体)

受賞の観点

科学的・工学的アプローチ

「科学する農業」で、北海道の農業を活性化

URL http://www.zukosha.co.jp/ 
業種 コンサルティング
所在地 帯広
事業概要 総合コンサルタント
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ソリューション型
取引特性 BtoB型
環境特性 地域サービス型

提供サービス

 人工衛星や空撮用無人ヘリコプターなどから地表を観測するリモートセンシング技術で、土壌や作物データを収集し、その生育状況に応じた可変「施肥マップ」や「小麦刈り取り順マップ」、また可変施肥のための「自動可変施肥機」の開発などにより、ITを活用した農業支援を行っている。

ハイ・サービスのポイント

 ITを活用した農業支援サービスの実現のため、農協や民間企業と連携しながら、様々な科学的・工学的アプローチを行うと共に、農家が使いやすいインターフェースを重視した取り組みによって、「低コスト・高品質農作物」の生産に貢献している。



  • リモートセンシング技術による土壌・作物の計測システムを活用し、研究機関や農協と共同で小麦の最適な収穫時期が分かる「小麦刈り取り順マップ」を開発。

  • 衛星画像だけで小麦の刈り取り順を判断するだけでは情報の精度にばらつきが出ることや、天候によっては適時に画像撮影ができなくなることから、衛星画像に空撮用無人ヘリコプタの超高解像度画像を組み合わせることで情報を補正。衛星画像が撮影できなかった場合には、空撮用無人ヘリコプタの超高解像度画像と既存地理情報および初期成育の良否などの情報に基づいたマップを提供することで、安定した情報供給を実現。

  • 窒素肥料の投入量が多いビート(てんさい)圃場を空撮用無人ヘリコプタでリモートセンシングし、化学肥料の投入量をコントロールするための可変施肥マップを作成し提供。生産コストの削減や品質向上及び環境負荷の軽減にまで寄与。またトラクターに搭載したコンピュータで可変施肥マップとGPSから得る位置情報を解析し、化学肥料の投入量が自動的にコントロールできる自動可変施肥機を開発・販売。

一覧に戻る
同社が提供する「IT農業支援サービス」
人工衛星データを利用した小麦の登熟マップ
空撮用無人ヘリコプタの画像を利用した小麦の穂水分分布マップ