検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(第3回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスの高付加価値化

ポイントアライアンスで高い利便性を提供

URL http://www.ccc.co.jp/ 
業種 娯楽・スポーツ・文化
所在地 東京
事業概要 TSUTAYA、TSUTAYA online、カードなどのプラットフォームを通じて、顧客ににライフスタイルを提案する純粋持株会社
市場特性 マルチプレイヤー型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoB型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

同社グループ会社は、DVD、CD、書籍、ゲームなど複数のエンタテインメントコンテンツを、レンタル、販売、リサイクルといったさまざまな形で顧客に提供。またTSUTAYA他50社のTポイントアライアンス企業で利用できるTカードを展開し、異業種のトップレベル企業同士による約3万店舗のポイントアライアンスの形成により、顧客に「1枚のカードでどこでもポイントを貯めて、使える」利便性を提供している。

ハイ・サービスのポイント

同社グループの強みは、巨大かつ強固な会員基盤を排他的に守るのではなく、異業種を巻き込んだより大きなプラットフォームへと成長させることでサービスの高付加価値化を図りながら、新しいビジネスモデルとして、カード・ポイント事業を育てようとする戦略性の高さにある。



  • ポイント事業サービス開始当初は、TSUTAYAのレンタル会員証を提携先で提示するとTSUTAYAで利用できるポイント(Tポイント)が付与されるサービスだったが、このTカードを<1枚でどこでも貯めて、使えるカード>に進化させ、異業種を飛び越えて顧客の利便性を図り、ポイントの価値を高めている。またマーケティングデータの活用により、販売促進に役立てている。

  • カード事業今までTSUTAYAでのみ発行していたTカードを、2006年10月からTポイントアライアンス企業でも発行をスタートし、2008年9月現在6企業1万箇所で発行をしており、Tカードをお持ちの会員は3,026万人となっている。またクレジット機能付Tカードは、2008年8月末時点で509万人が入会している。

一覧に戻る
T会員数推移
さまざまなところで発行出来貯めて使えるTカード