検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました

株式会社いろどり(第2回受賞企業・団体)

受賞の観点

地域貢献

高齢者に新しい農業や事業へのエネルギーを創出

URL http://www.irodori.co.jp/ 
業種 卸売・小売
所在地 徳島
事業概要 農産物の販売に関する業務、建築土木資材用木材加工品の販売に関する業務、観光案内に関する業務、販売・経営合理化に関するコンサルタント業務
市場特性 マルチプレイヤー型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoB型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

 農家の裏山に自生する木の葉や草木という地元の資源を有効活用し、これらの素材を料理用『つまもの』として商品化し、全国の高級料亭などに出荷。


 高齢者が利用できるパソコンを開発(入力装置、ポインティング装置、生産者端末の簡易化)し、需給のマッチングを見極めながら生産する体制をつくり上げた。

ハイ・サービスのポイント

 同社の取り組みは、単に新しい事業によって町を活性化したのではなく、「福祉事業」という理念のもとで、高齢者に新しい農業や事業へのエネルギーを創出し、自分たちでもいいものを作ればお金を稼げるという生きがいを取り戻させることによって、生活や地域を根本から活性化した点で優れている。



  • つまものは、JA(農協)を通じて京阪神や首都圏へ出荷されるが、季節やメニューに応じて変化する料理屋などの需要にマッチングさせなければ価値がなくなるという特性を持つ。そこで、まず多品種少量の品揃えと需要変動に応じた適切なタイミングで供給する体制をつくることが求められた。

  • 1999年には、旧通産省から約1億円の実証実験支援を受け、第3セクターの「株式会社いろどり」を設立。

  • 上記のような慎重なステップを踏みながら、最終的には高齢者でも「お金を稼げる」仕組みをつくったことで生きがいと活力を取り戻し、高齢者のエネルギーを創出した。

一覧に戻る
栽培している紅葉のもみじ。もみじだけでも5種類以上ある
収集したデータをいろどりで分析し農家へ伝達。翌日の出荷を計画する
農協を通じて全国40カ所の市場へ流通している
彩事業全体の仕組み