検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました

リスクモンスター株式会社(第9回受賞企業・団体)

受賞の観点

科学的・工学的アプローチ

ITを活用した与信管理分野に進出し、「0.5歩先」を行く専門性の高いサービスを提供

URL http://www.riskmonster.co.jp/ 
業種 その他サービス
所在地 東京
事業概要 与信管理サービス
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoB型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

同社は、大手総合商社の審査部出身者が起業、「あなたの会社のe-審査部」を標語に与信管理のアウトソーシング需要を創出する。企業の与信管理に関する情報を、ITを活用したASPサービスにより提供することで、従来の仕組みに比べコストの削減や業務の効率化を果たしている。「e-与信ナビ」や「e-管理ファイル」、「ポートフォリオサービス」などのサービスにより、一般企業の与信管理体制構築を支援している。

ハイ・サービスのポイント

同社の強みは、「顧客を大切にして共に繁栄しよう」、「プロフェッショナリズムを繁栄の源泉にしよう」を企業理念に掲げ、与信管理という専門性の高い分野において従来の問題点や顧客ニーズを正確に把握し、ASPサービスとしていち早く展開した点にある。また、ユーザーの声に対応することで、顧客利便性を高め、ロイヤルカスタマーなどからの信頼を集めている。



  • 一般企業では、与信管理の専門部署はほとんどなく、財務や総務の担当者が兼任しているが、独自分析するための多くの時間がかかることと、分析結果は担当者によるところが大きく、きちんと行うことは難しい状況であったため、その部分を大きな顧客ニーズとして捉えた。

  • 国内最大級の約210万社の企業データベースは、東京商工リサーチ(TSR)から入手し、同社で独自格付し提供している。

  • 情報リソース入手先としては、企業信用情報提供会社など約30社と関係がある。

  • 同社は企業理念に基づき、与信管理のプロフェッショナルとしてサービス提供している。そのために、セミナーで講演を行ったり、書籍を執筆させたりすることにより、内部で徹底した人材育成を行っている。

  • サービスサイト内にユーザーからの要望を受ける目安箱を用意している。ユーザーの声を継続的なサービス改善に繋げることでユーザビリティーや使い勝手の向上を図っている。CS(顧客満足)の向上にもつなげている。また国内企業でも他に先駆けてISO/IEC20000(ITサービスマネジメント国際標準規格)ならびにISO/IEC27001(情報セキュリティマネジメント国際規格)を取得している。

  • 情報提供はASPサービスにより高い生産性を維持している。また営業方法は説明商品であるという特性上、地道な訪問営業を中心に行い、同社のサービスの利用メリットを訴求している。直近では自社主催の勉強会を与信管理の重要性とその構築方法の提案などをテーマとして積極的に実施して、利用企業のCS向上および拡大に努めている。

  • 与信管理のプロフェッショナルとして積極的に「0.5歩先」を行く提案を行うことで、顧客のコスト削減と業務の効率化に貢献している。

  • グループ会社には、マーケティング業務の効率化及びデジタルデータ化ソリューションによるBPO事業を行うリスモン・マッスル・データ株式会社および、中堅・中小企業向けビジネスポータルサイト「J-MOTTO」事業を運営するリスモン・ビジネス・ポータル株式会社がある。

一覧に戻る
同社ホームページ
「e-与信ナビ」サービス画面
書籍「リスクはじきに目を覚ます~」「内部統制」時代の与信管理
書籍「リスクモンスターが書いたISO/IEC20000のすべて」