検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


株式会社スカイアークシステム(第7回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスプロセスの改善

ブログによる情報の活用促進で、企業の業務効率の向上や課題解決に貢献

URL http://www.skyarc.co.jp/ 
業種 情報通信・ITサービス
所在地 帯広
事業概要 ソフトウェア開発事業、システムインテグレーション事業
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

企業内のノウハウの共有やコミュニケーションの活性化により、業務効率の向上や課題解決につなげるイントラブログ・イントラCMS関連のソリューション・製品・サービスを提供している。シックス・アパート社のブログソフトウェアを活用することで製品開発スピードを高め、直販による顧客ニーズの把握や丁寧なサポートによって顧客満足度の向上に努めてきた結果、設立4年で利用社数は大手100社を超え、大企業向けイントラブログ市場では全国でも五指に入るポジションを獲得した。

ハイ・サービスのポイント

同社の強みは、情報を誰もが簡単に公開でき、公開された情報が自動的にカテゴリー別に集約され、そこにレスポンスができるという「情報の3つの特徴」を活かし、「情報の見える化」を行うことと、的確なニーズの吸い上げに注力することで、顧客企業の業務効率や生産性の向上に大きく貢献している点にある。



  • 2004年の起業当時、ブログ・CMS市場の将来性に着目。当時実際の導入例がまだ少なかったシックス・アパート社「Movable Type」をベースにイントラブログ・CMSの構築を前面に打ち出し、ビジネスをスタート。事業者も少なく、ブログが企業活動に利用できることも理解されていなかったことから、営業では使い方を説明し、「普及させながら」という形でビジネスを展開。

  • いち早く「Movable Type」を利用したWebサイトを構築し、効果的なリリースでも注目を集め、数万人規模の組織や世界展開で社内コミュニケーションの効率化を図る大企業のニーズにマッチしたサービスの提供で、多くの顧客を獲得しノウハウを蓄積。

  • 自社でブログエンジンを開発することにこだわらず、高いカスタマイズ性を備えた「Movable Type」を活用することで、製品開発スピードの速さや担当者の変更などに左右されない運用性の確保という、自社と顧客双方へのメリットを実現。

  • 「Movable Type」の大企業向けカスタマイズを通じて蓄積した顧客の課題と同社のノウハウをもとに、ユーザーインタフェースをパッケージ化した 「SKYARC Enterprise IntraBlog」、またそのコンセプトを引き継ぎ、同社が重要視する「誰もが簡単に情報公開できる」「自動的に情報カテゴリー別に集約される」「情報にレスポンスができる」「情報の3つの特徴」という機能をさらに簡単に使えるようにした「SKYARC Solanowa(スカイアーク・ソラノワ)」を開発・販売。

  • ネットに詳しいユーザーでなくても分かりやすい操作性や、用途や要望に合わせてインタフェースの変更を可能にするなど、ユーザーインタフェースに優れた製品づくりを心がけている。

  • 直販をメインにした販売方法で、顧客の声を直接受け取り、業務課題を拾い上げることに注力。

  • 使い方や改善のアドバイスという、単なる保守にとどまらない丁寧なサポートサービスを行い、顧客からの好評を得ている。

  • 現在ではユニクロ、日本経済新聞社、丸井グループなど、顧客企業は大手100社、ユーザー数は20,000人を超え、大企業向けイントラブログでは全国でも五指に入るという業界ポジションを確立。

  • 顧客ニーズに即したクオリティーの高いサービスが評価を受け、ESの向上や業務の効率化を実現しているとの顧客の声が増えている。

一覧に戻る
様々な大手企業のイントラネットを改善
より手軽に導入できる「SKYARC SOLANOWA(スカイアーク・ソラノワ)」を開発
画面イメージ