検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


株式会社北海道ネイチャーセンター(第6回受賞企業・団体)

受賞の観点

人材育成

クオリティーの高い専門ガイドの育成を重視するアウトドア体験観光

URL  
業種 観光・宿泊・リゾート
所在地 然別
事業概要 アウトドア体験観光事業
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoB型
環境特性 地域サービス型

提供サービス

全国で初めて体験観光サービスの提供を法人化し、国内外の修学旅行を始めとする教育旅行の受け入れなどを行っている。  

ハイ・サービスのポイント

同社の強みは、体験観光サービスの提供には訓練された専門ガイドによる丁寧な指導・誘導に基づく安心なサービス提供が重要であることから、専門ガイドの人材育成を重視した点にある。道外・海外を含む実地研修を定期的に実施し、社員のレベルアップに注力し、高品質のサービス提供につなげている。

  • 然別湖周辺は厳冬期の低気温(−30度)・雪氷のため、冬季の集客は困難であったが、会社として経営を維持していくためには、夏季だけでなく冬季のアウトドア体験プログラムも提供し、ガイドとなる社員を通年雇用できる仕組みを作らなければならなかった。そもそもアウトドアのガイドは覚えなくてはならないことが多いため、育成に時間がかかりアルバイトでは無理があること、またガイディングをしっかりしないと利用者からの信用が得られず満足度も上がらないことから、正社員として採用し、オフシーズンなどを勉強の時間に充て、長いスパンで人材を育成することにした。その結果、旅行代理店や利用者から、他社と比較してガイドの質が非常に高いという評価を受けるようになった。

  • 然別湖周辺は法律で自然が保護されており、自然が原始のまま残っている地域であることから、自然を活かしたサービス提供を目指し様々なプログラムを検討。冬季には、氷結した然別湖にイグルーと呼ばれる氷の家や露天風呂などを設置する長期イベント「然別湖コタン」、夏季は森の中に張られたケーブルに身体を吊って空中を移動し森を眺める新しい自然観察プログラム「エアトリップ」やカナディアンカヌーなど数々のメニューを企画・提供している。また個人客だけではなく、安定した収入を見込める修学旅行などの団体客もターゲットとした。

  • 国内だけではなく海外からの利用者も増やすために、海外にも営業を行った結果、台湾の「統一企業」との連携が実現し、「統一企業・自然学校」のアドバイザーを務めている。

  • 同社は数々の取り組みにより、国内の体験観光業界の中でも先進事例として認知され、体験型観光にかかわる業務だけでなく、イベントの運営管理、北海道や町営施設の運営管理受託、官庁からの依頼による環境アセスメントなども行うようになった。

  • 一覧に戻る