検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


株式会社ロック・フィールド(第1回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスプロセスの改善

労働集約的なサービス業に製造業のノウハウを活用

URL http://www.rockfield.co.jp/ 
業種 飲食・生活関連サービス
所在地 兵庫
事業概要 そうざいの製造および販売
市場特性 マルチプレイヤー型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

 独自の「製販一貫モデル」で一定の成果を上げてきたが、「顧客が一番欲しいと思うタイミングで、一番良い状態の商品を並べる」というジャストイン・タイムを推進するために2001年からトヨタ自動車からプロを招聘してサービスプロセスの改善を推進している。

ハイ・サービスのポイント

 セントラルキッチン方式を導入し、工場では原材料の下処理や調味料の調合を行い、パーツをキット化して店舗に届ける。工場では秒単位の生産管理の徹底や、後工程に従ったスケジューリング、製造ラインのレイアウト変更などの「トヨタ生産方式」を導入。店舗ではお客の来店時間に合わせて一番鮮度の良い状態で商品を調理して店頭に並べることに成功している。



  • これまで習慣化していた生産工程の各取り組みについて「トヨタ生産方式」を導入。必要なときに必要なだけ生産し、ムダなく配送するジャスト・イン・タイムを実現するための取り組みを実施している。

  • 手作り感を大事にしながら、効率的に機械化する部分をうまく組み合わせて上質・均一な商品を大量生産できる技術に力を入れ、新鮮・安心・安全に届けるためのチルド物流も整備されている。

  • 一方、店頭においては対面販売でロック・フィールドの理念をお客に的確に伝えるとともに、お客の声に耳を傾け、一つひとつにきちんと応えることで信頼関係を築き、ロック・フィールドファンの拡大を図っている。

一覧に戻る
工場では衛生管理を徹底
工場は安藤忠雄氏設計。カフェテリアは洗練と清廉さが目を引く