検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました

株式会社ワンダーテーブル(第5回受賞企業・団体)

受賞の観点

人材育成

「ホスピタリティー」と「現場力」で顧客がリピートするレストランサービスを創出

URL http://www.wondertable.com/ 
業種 飲食・生活関連サービス
所在地 東京
事業概要 飲食店・ホテル・ビリヤード場などの経営ほか
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

 ロウリーズ(プラムリブ専門店)、バルバッコア(シュラスコ)、東京ベリーニカフェ(イタリアン)、モーモーパラダイス・鍋ぞう(しゃぶしゃぶ・すき焼き)など、約70店舗のレストランを展開している。

ハイ・サービスのポイント

 同社の人材育成が優れているのは、長年飲食業に携わっている従業員やアルバイトを含めた若い従業員の特性を踏まえた上で、仕事のやり方を考える筋道やステップをわかりやすく明文化し、それを恒常的なコミュニケーションによって浸透させて、自発的な取り組み意欲を引き出した点にある。



  • 同社では、人材育成をする上で一番大切なことは一人ひとりが「本気でやる」と思うきっかけをつくることであると考え、自己管理の大切さを起点に、会社としての理念や行動指針を周知徹底し、考えや行動の筋道を与えて自発的行動を促す施策を選択。

  • 社長自らが、同社の「ミッション」を徹底すべく、全店を2回ずつ回り説明会を開催。また当時90人いた支配人(店長)・調理長などの幹部社員については、年に3回1時間ずつ、3年間にわたって1対1の面談を行なった。

  • 店舗の営業前ミーティングの中に「バリュートーク」という時間を設け、同社の行動指針である「バリューズ」から1週間に1項目ずつ取り上げながら話し合うことで、行動指針の共有と浸透を図った。

  • 同社は「ビジョン」として「優れた商品・サービスとホスピタリティーでお客様を魅了し、必ずリピートして頂く」を掲げており、決められたことをきちんとやる「1対多」の一方通行の関係が「サービス」であり、ホスピタリティーは心に残る印象を与える「1対1」の双方向の関係だとして、両者の違いと共に、お客様にリピートしていただくためには両者が必要であることを理解させている。

  • 組織力、運営力、攻撃力などの現場力を上げるステップを明確に示した「HSJ(ホップ・ステップ・ジャンプ)プログラム」を作成し、個々の店舗の到達レベルに適した施策を行う仕組みを構築。

  • 一連の取り組みの結果、社員のモチベーションアップで離職率が下がり、来店客からの礼状などに社員の名前が書かれていることが多くなるなど、単なるサービスではなく、ホスピタリティーを提供できる社員が増えている。

一覧に戻る
HSJプログラム
同社の行動指針である「バリューズ」
約60店舗の様々なレストランを展開