検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


ラーニングエッジ株式会社(第5回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスの高付加価値化

使いやすく分かりやすいセミナー情報提供サイトを構築

URL http://www.learningedge.jp/ 
業種 情報通信・ITサービス
所在地 東京
事業概要 セミナーポータルサイト運営ほか
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

 セミナーや講演会、研修などの情報を提供するポータルサイト「セミナーズ」を運営。月に500のセミナー情報を無料で検索することができる。

ハイ・サービスのポイント

 同社の強みは、セミナーポータルサイトとして「こんな仕組みがあったらいいな」という発想から、利用者・顧客のニーズやウオンツに的確に対応した仕組みを丁寧に構築し、競合他社にはない利用価値を作り上げた点にある。



  • サイトの構築にあたっては、使いやすさ、わかりやすさを重視。セミナーポータルとして重要な「自分に合ったセミナーを探す」機能では、既存のセミナーのカテゴリーを徹底的に研究してカテゴライズをわかりやすくしたほか、セミナーの拡充に応じて随時手直しを行っている。

  • ポータルサイトとして重要なセミナー情報確保のため、主催企業とセミナー内容の審査を行った上で、主催者側からの掲載を自動化することで掲載数拡大を促進。

  • セミナー参加促進のため、「セミナーアクセス数ランキング」 コーナーを設置。編集視点を入れずに純粋にユーザーのアクセス数で提示することで、客観的なランキング情報を提供。

  • セミナー参加者の開催に関する疑問や不安、決済の手間などを、同社が問い合わせを受け付ける仕組みやオンライン決済での実現によって払拭。また参加したセミナーに満足できなかった場合の返金保証の設定により、利用者の満足度の向上に努める。

  • 少しでも質のいいセミナーを提供したいとの思いから、講師料が高いため日本ではなかなか開催できない海外有名講師のセミナーなどをセミナーズ主催のセミナーとして開催。

  • 現在までのセミナー情報提供企業は2,700社となり、毎月50社近くがコンスタントに増え続けており、月間UU数(サイト訪問者数)は約10万人。

一覧に戻る
同社ポータルサイト「セミナーズ」
同社のビジネスモデル