検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


サイボウズ株式会社(第5回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスの高付加価値化

日本のビジネス風土におけるユーザビリティー向上を追求したグループウェア

URL http://cybozu.co.jp/ 
業種 情報通信・ITサービス
所在地 東京
事業概要 インターネット/イントラネット用ソフトウェアの開発、販売
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoB型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

「サイボウズ Office」シリーズを代表とするWebベースのグループウェア製品を中心に、企業向けのソフトウェアの開発・販売を行っている。

ハイ・サービスのポイント

 グループウェアでは、日本的ビジネススタイルに合った使い勝手の良さと、導入やメンテナンスにおける情報システム部門の負荷軽減が普及の鍵を握るが、同社の強みは、世界的なシェアを持つ海外製品の弱点を巧みに突いて製品開発と普及促進を行い、現場での利用価値、導入価値を高めた点にある。



  • 従来日本の企業でシェアの高かった海外製グループウェアは、独自のプログラミングを覚える必要があり、インストールに手間がかかるなど、専任で担当者を置かないと維持できなかったが、有効に活用されていないケースが多かった。そこで1997年10月、「スケジュール」「行き先案内板」「掲示板」「施設予約」の4アプリケーションで構成されたシンプルなグループウェア「サイボウズ Office」 をリリース。「10分のインストールで300人まで利用できる」をセールスポイントに、販売コストを下げるため、当時は珍しかったインターネットでの直販というスタイルをとる。

  • 製品の価値を理解してもらうため重視した広告では、購入のキーマンである情報システム担当者の嗜好を考慮し、「ボウズマン」というキャラクターを使用。

  • 顔の見えない会社から製品を買う不安を払拭するため、サポート体制を充実。

  • 「サイボウズ Office」以外の製品開発にも取り組み、 Webデータベース「サイボウズ デヂエ」、簡易CRM(顧客関係管理)システム「サイボウズ メールワイズ」など、数々のシリーズ製品をリリース。またシステムインテグレーターからの提案とサポートを受けながら導入できるように販売代行制度を作るとともに、大企業でも利用できる「ガルーン」などのソフトを新たに開発。

  • 日本のビジネス環境に即したソフトウェアであるべく、ユーザーの要望を取り入れたバージョンアップを行い、また既存顧客向けに電話での利用フォローやコミュニティサイトのリニューアルなどの実施により顧客満足度も向上し、着実にシェアが拡大。現在までの「サイボウズOffice」と「ガルーン」の導入企業は28,000社、ユーザー数も280万人となっている。

一覧に戻る
同社の事業と製品群
経営理念と行動指針
オリジナルキャラクター「ボウズマン」