検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


クウジット株式会社(第5回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスの高付加価値化

屋内の位置情報のメリットに特化して、ロケーションウェアの可能性を追求

URL http://www.koozyt.com 
業種 情報通信・ITサービス
所在地 東京
事業概要 「PlaceEngine」技術のライセンス提供、コンサルティング、および位置情報や行動履歴に連動した情報配信サービスの提供(カスタマイズ提供、イベント企画やサービス運用を含む)
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoB型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

 無線LANの電波で位置を推定する「PlaceEngine」(プレイスエンジン)技術とサービスを核に事業を展開。「PlaceEngine」を様々なモバイル機器や位置情報サービスに利用、応用して、ユーザーにとっての新しい機能や体験価値を提供、また産業界にとっても従来は存在しなかった位置情報サービスの新規市場創造を目指す。

ハイ・サービスのポイント

 電子機器やネットワークデバイスが徐々に生活の中に溶け込んできているが、GPS(全地球測位システム)技術だけをコアにした位置情報には「屋内では使えない」「衛星の情報を補足するのに時間がかかる」などロケーションウェアとしての弱点があり、サービスの拡大にも限界があった。同社は、従来の位置測位情報を補完する新しい技術として「PlaceEngine」を運用し、屋内の位置や空間を識別することで、人の細かい動きを捕捉し、行動履歴を解析するなどの新たなサービスの可能性を拓いた。



  • 「PlaceEngine」技術は、無線LAN機器を使って簡単に現在位置を推定し、周辺の関連情報を提供しやすくする。この技術を、地域情報ポータルやナビゲーションサービス、レストランガイドなどの位置情報関連サービスなどに利用することで、ユーザーの現在位置や位置履歴に応じた機能やコンテンツ提供が可能となり、各種Webサービスの付加価値を上げたり、販促機能として利用できる。

  • 同社の「ロケーション・アンプ」サービスは、「場所や空間をIT技術により増幅(アンプ)する」ことがコンセプト。デジタルデバイス上で、ユーザーの現在位置や行動履歴に連動したサービスを提供する。拡張現実感(AR: Augmented Reality)インターフェイスなどを応用したその「場」特有の情報のやりとり(=インタラクション)が可能。

一覧に戻る
同社の創業メンバー
行動履歴の解析などを行う 「PlaceEngine」技術
情報配信システム「ロケーション・アンプ」