検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


株式会社つくばウエルネスリサーチ(第4回受賞企業・団体)

受賞の観点

科学的・工学的アプローチ

科学的根拠に基づいた健康増進プログラムで医療費を削減

URL http://www.twr.jp/ 
業種 医療・福祉・子育て
所在地 茨城
事業概要 健康増進事業に関するコンサルティング、個別運動・栄養プログラム提供、人材育成研修、研究受託、物品販売
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 広域サービス型

提供サービス

同社では研究開発をコアとして、コンサルティング事業、個別健康増進プログラムの提供、人材育成事業、並びに研究開発事業の4つの事業でトータルなサービスを提供している。

ハイ・サービスのポイント

同社の強みは、筑波大学の研究成果に基づき、高齢者の運動機能向上プログラムとして筋力トレーニングが効果的であることを科学的アプローチにより実証し、その健康維持と医療費抑制効果を証明した科学的根拠をベースに、確かな効果を得られる個別の健康増進プログラムを普及・推進体制とともに開発した点にある。



  • 「e-wellnessシステム」の開発 できるだけ多くの人を対象として日常での継続的な健康づくりを支援するため、個別の推奨運動プログラムを、ITを使って自動生成する「e-wellnessシステム」を開発し、また高齢者向けだけではなく、栄養コンテンツも取り入れ、中高年のメタボリックシンドローム予防用途も含めた開発に成功。累計で1万人以上に提供している。

  • 地域での「e-wellnessシステム」によるモデル事業の推進 同社では「千葉県健康づくりコンソーシアム」 「茨城つくば健康サービス産業研究会」などのプロジェクトを通して、モデル事業を推進し、地域が個人の健康づくりを支援する社会システムの構築に取り組んだ。

  • ファシリテーターとしての「ウエルネスマネージャー」設置の取り組み 同社では、健康増進プログラムの利用をライフスタイルに定着させ、継続の支援をしていくためには、指導者による定期的なアドバイスが必要だという実証結果に基づき、その指導推進人材輩出のため、ウエルネスマネージメント研修会を毎年開催し、現在までの7年間で約280人のウエルネスマネージャーを輩出している。

一覧に戻る
「e-wellnessシステム」の概要
自治体での運動教室の様子
N県M市 平均診療点数の比較(外来+入院)