検索メニュー
受賞回:
業種:
地域:
観点:
市場特性:
業態特性:
取引特性:
環境特性:
キーワード:

ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 書籍 日本の優れたサービス
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム
  • ご入会のご案内
  • ハイ・サービス日本300選 受賞企業の公開を始めました
  • ハイ・サービス日本300選のロゴマークが決定しました
  •  

  • リンク
  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会


株式会社エルダーサービス(第4回受賞企業・団体)

受賞の観点

サービスの高付加価値化

利用者が心から楽しく過ごせる介護サービスを提供

URL http://www.elder-s.co.jp/ 
業種 医療・福祉・子育て
所在地 福岡
事業概要 介護・家事代行
市場特性 ニッチスペシャリスト型
業態特性 ハイバリュー型
取引特性 BtoC型
環境特性 地域サービス型

提供サービス

デイサービスなどの介護サービス事業のほか、家事代行、介護旅行、介護サービスコンサルティング、介護ビジネス支援事業、人材教育事業、出版事業、年長者と介護に関する情報提供サービスを行っている。

ハイ・サービスのポイント

同社の強みは、 「机といすとテレビだけ」という従来型のデイサービスを見直し、高齢者に楽しい時間を過ごせる娯楽設備、充実した食事と風呂、飲食店的な従業員の服装など、今までになかったサービスを提供する「カフェ型デイサービス」という斬新な発想にある。



  • 「利用者が心から満足できる日本一の介護サービスの提供」という理念の下、カフェコーナーに加えてカラオケルームを設置するなど「カフェ型デイサービス」を創造、さらに利用者が自分の希望で好きなサービスが受けられるスタイルを次々に打ち出した。また、現場の職員の教育にも取り組み、健康を守る施設であることから職員全員を禁煙としている。

  • 2004年、千葉県八千代市に関東初進出となる「村上デイサービスセンター」を開設、10年後の団塊の世代をターゲットとして、楽しさやデザイン性を重視したデイサービス単独事業にも挑戦している。

  • 年1回、マン・ツー・マンで利用者への直接アンケートによる顧客満足度調査を行っている。

  • 介護現場で働く職員は全員ヘルパー2級修了者に限り、「福祉のプロにプラスして、お年寄りを楽しくさせる雑学王を目指せ」という方針の下、メディアのニュースやビジネス書を読むことを勧めているほか、外部コンサルタントを入れたマナー研修、外部講師による心理・ケア・コミュニケーションスキルの研修などを行っている。

一覧に戻る
出発点となった「小倉デイサービスセンター」
生け花教室、早朝商店街清掃などで「気づきと思いやり」のある社会人育成を目指す新入社員研修