ベストプラクティス・事例

  • 日本サービス大賞
  • 良い会社に学ぶ社員活性化の仕組みと手法セミナー
  • 大人の武者修行バナー
  • JCSI 日本版顧客満足度指数
  • 入会案内
  • ハイ・サービス日本300選
  •  

  • リンク
  • SES Service Evaluation System:サービス評価診断システム

     開発・運営:(株)インテージ

  • おもてなし規格認証(運営:一般社団法人サービスデザイン推進協議会)

     運営:(一社)サービスデザイン推進協議会

事例紹介

2016年7月13日

旭川市旭山動物園 ~驚きと感動を生み出す動物の「行動展示」~

今回は、旭川市旭山動物園のハイ・サービスのポイントを紹介します。動物の行動を観察する「行動展示」という新たなコンセプトを導入し、地元の観光や経済活性化に大きく貢献しています。

そんな旭川市旭山動物園のハイ・サービスのポイントと、来園者の利便性を向上する取り組みをご紹介します。

 

★ハイ・サービス日本300選 第1回受賞★
展示サービスの質を向上して来園数を飛躍的に増大

★ハイ・サービスのポイント★
【第1回受賞時のポイント:地域貢献】

●提供サービス
1997年から行動展示による施設づくりに着手し、それ以降来園者数が増加。2006年度には304万人(前年比98万人増)を記録した。

●ハイ・サービスのポイント
来園者数の落ち込みに対して、「行動展示」という新しいコンセプトを導入。マスコミ報道の相乗効果による集客拡大によって、地域の活性化に寄与している。

  • ペンギンのプールに水中トンネルを設けたり、ライオンやトラが自然に近い環境の中を自由に動き回れるようにするなど、動物たちが動き、泳ぎ、飛ぶ姿を間近で見られる施設づくりを行っている。冬のペンギン散歩は旭山動物園最大のイベント。このほか、「もぐもぐタイム」と題し、動物ごとに時間を設けて好物な餌をあげて動物の生態や行動を紹介するイベントも行われている。
  • このような取り組みが評判をよび、1997年以降入園者数が増加し、2004年7月は18万5461人、8月は32万1500人の入園者数を記録した。これは恩賜上野動物園を抜いて日本一の月間入園者数である。平成18年度の入園者数は300万人を超え、350万人の来園者があった上野動物園に次いで2位となり、全世界レベルでも8位の入場者数となった。
  • 2005年11月15日、NHK「プロジェクトX・旭山動物園~ペンギン翔ぶ~」に取り上げられた。また、2006年5月13日には、フジテレビ系列で旭山動物園をモチーフとしたスペシャルドラマ「奇跡の動物園~旭山動物園物語~」が放送された。2009年春には映画「旭山動物園物語」が全国で上映された。

受賞の詳細はこちらをご覧ください 

   

【現在の取り組み -インタビューより- 】
その後も「オオカミの森」、「エゾシカの森」、「北海道産動物舎」、「きりん舎・かば館」など、従来からの展示動物の能力を発揮できる施設を新設、リニューアルしたのに加え、水洗トイレの整備、植樹等による日陰で涼める場所の整備、園内のバリアフリー化、ベチの数を増やすなど来園される方に快適に動物園を見ていただくよう、展示施設のみでなく利便設備の整備を行いました。

【今後の取り組みの展望】
2017年が開園50周年となることから、動物の展示施設の一部改修をしていきます。また今後も施設の改修やリニューアルを行い、新たな視点を加えていくと同時に、利便施設を引き続き充実させていき、加えて園内のWifi化など、より来園者が快適に動物園で過ごせるよう取り組んでいきたいと考えています

旭川市旭山動物園のホームページはこちら