• Top >
  • メッセージ >
  • 書籍紹介 >
  • 『社会変革のシナリオ・プランニング-対立を乗り越え、ともに難題を解決する』

書籍紹介

2014年12月18日

『社会変革のシナリオ・プランニング-対立を乗り越え、ともに難題を解決する』

近年「ファシリテーター」「コーディネーター」の役割が注目されています。
著者のアダム・カヘンは、ロイヤル・ダッチ・シェル社で長年「シナリオ・プ
ランニング」チームを率いてきた伝説のファシリテーターであり、同社は「シ
ナリオ・プランニング」を発展させる過程で国際石油資本7社の最下位から上
位に躍進を遂げます。

「変容型シナリオ・プランニング」は、変えたいけれども変えられない複雑な
状況に取り組むための手法です。チームを招集し、今後何が起こりうるかスト
ーリーを作成、できること・するべきことを明らかにしていきます。シナリオ
は最終的にチームメンバーや外部関係者の行動を変容することで完結します。

カヘンは、この手法を南アフリカのアパルトヘイト、グアテマラやコロンビア
の社会対立の解決に応用し、大きな成果を挙げてきました。本書では、その成
功例だけでなく、失敗例も率直に紹介しており、好感が持てます。

「シナリオ・プランニング」は、社会全体の変革だけでなく、企業やチームの
変革にも応用可能な手法です。何かを変えたい、でも自分一人ではできない。
そんな悩みに直面している方に、お奨めしたい一書です。

アダム・カヘン著、小田理一郎監訳・東出顕子訳 /英治出版
http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2185