開催案内

本セミナーでは「業務基準書」を作成することが目的化することなく、現場でいかに浸透・徹底・更新を図り、継続して運用させていくかに主眼を置いています。

>>続きはこちら

今回の会員月例研究会では、人工知能やロボット、IoT等が社会、経済や企業に与える影響を探るとともに、30年後の未来社会の行方を皆様と一緒に考えてまいります。

>>続きはこちら

経済産業省により平成27年度から大学等で実施されている「産学連携サービス経営人材育成事業」では、今年度は16校が採択され、特色ある教育プログラム開発が進められました。その報告会として事業内容を振り返り、産業界と大学のニーズ・課題や今後の方向性を議論します。

>>続きはこちら

今回は、サービス業の現場においてなかなか人材を確保できない、採用しても定着しない等、人手不足時代における人材確保・定着に向けた課題、取り組みについて、具体的にサービス3業種の企業の方から事例をご紹介いただきます。(厚生労働省委託事業)

>>続きはこちら

今回はサービス業の顧客接点の多い現場でも導入が進むITについて取り上げます。特に接客を重要視している「老舗百貨店」三越伊勢丹において、最新技術を取り入れたITの導入やデジタル戦略を推し進めてきたその背景、取り組み内容、今後の課題等についてお話を伺います。

>>続きはこちら

今回の会員月例研究会では、首都圏において鉄道の安全を支える、JR東日本の「大宮総合車両センター」の見学会を開催いたします。

>>続きはこちら

当フォーラムは、日本人の余暇活動やレジャー産業を振り返り、今後の展望について考える場として、2017年2月まで全4回にわたり開催します。最終回となる第4回では、レジャー・サービスの中でもグローバル化がより顕著な日本のコンテンツの海外展開事例から学びます。

>>続きはこちら

今回の会員月例研究会では、2016年エコノミストランキング第1位、みずほ証券チーフマーケットエコノミスト 上野泰也氏をお招きし、世界の経済・金融情勢を踏まえながら、2017年の日本経済を展望、解説していただきます。

>>続きはこちら

第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞した置き菓子®サービス「オフィスグリコ」は、江崎グリコがオフィスでの菓子需要に着目した新たなサービスです。今回は工場見学施設グリコピア・イーストでの見学も取り入れながら、製造業による新たなビジネスモデルを学びます。

>>続きはこちら

当フォーラムは、国内の余暇活動やレジャー産業を振り返り今後の展望について考える場として、2017年2月まで全4回にわたり開催する予定です。第3回目では、“旅行動”を中心とした余暇活動の主な動向を理解した上で、スポーツ等による観光地の再活性化の事例から学びます。

>>続きはこちら

サービス産業が直面する課題の解決策として、ご好評いただいている「サービス産業の業務仕組み化セミナー」の実践版のセミナーを開発しました。小売業の現状をケーススタディとし、理論を学び、仕組み化応援ツールを活用し、より実践的に「業務仕組み化」に学んでいただけます。

>>続きはこちら

今回は拡大するインバウンド市場で注目される「コト」消費に対して、サービス業にどのようなことが求められるのか、旅行業の専門家から具体例も交えながらご紹介いただきます。また、多くの訪日外国人観光客が訪れる「江戸東京博物館」を会場に、見学の場も設けました。

>>続きはこちら

SPRINGのコラム「CS向上を科学する」を連載している松井氏により、付加価値向上の一手段として重要となるCS向上の為に、目に見えないCSの本質をロジカルに理解し、戦略的な「サービス・デザイン」の見直しの必要性とその具体的な方法を解説します。

>>続きはこちら

今回の会員月例研究会では、消費者行動論を専門にマーケティング戦略を研究する中央大学ビジネススクール(大学院戦略経営研究科)教授・松下光司氏より、企業が強いブランドを構築するために必要なマーケティング戦略についてお話しいただきます。

>>続きはこちら

当フォーラムは、国内の余暇活動やレジャー産業を振り返り今後の展望について考える場として、2017年2月まで全4回にわたり開催する予定です。第2回では、家族や友人と気軽に楽しめるレジャーとして“複合施設”を取り上げ、近年の集客戦略の成功事例から学びます。

>>続きはこちら

第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞したクリーニング業の喜久屋では、受賞サービスの宅配クリーニング「リアクア」のみならず、様々な先進的な取り組みをしています。今回は工場見学も取り入れながら、「リアクア」や海外展開等について幅広くご紹介いただきます。

>>続きはこちら

良品計画、ヤマト運輸、食べる通信が提供する革新的なサービスに学び、地方創生とサービス業の未来展望を見出します。

>>続きはこちら

当フォーラムは、国内の余暇活動やレジャー産業を振り返り今後の展望について考える場として、2017年2月まで全4回にわたり開催する予定です。第1回目では、余暇市場の変遷を振り返り、近年さらにジャンルが多様化している“習い事”の先進的な事例から学びます。

>>続きはこちら

今回の会員月例研究会では、同一労働同一賃金時代の「働き方と処遇」について、数多くの企業の人事顧問もされている佐藤純氏から、そのポイントについてご講演いただきます。

>>続きはこちら

このたび会員様の定期的な交流の場として、様々なテーマによる異業種交流会を新たに開催します。1シーズン6回完結型で、まずは「CS」をテーマとしてカフェ風にオープン。語らいながら議論を深めます。法人会員様でCS関連業務をご担当の方にはぜひ参加をお待ちしております。

>>続きはこちら

1    2    3    4    5    6    7    >>